OpenSCADの使い方(マニュアル本が出ましたね)

OpenSCAD使い方(ギアとか機械部品に便利)

Windows10についてくる3Dプリンタのソフトは写真を3Dデータに(STL以外のも、いけるみたい)してくれるので便利な気がする…まだテストしかしてない。

RaspberryPIとかArduinoケースと言うなら、こちらの方が簡単そうです。

今は「I/O BOOKS」から出版物も出てるので、分かりやすすぎると思います。

ギアとか機械系は、OpenSCADは便利だと思います。

こういう類のは欲しい時にないことが多いのですが、こんなとこで仕事をしてる人が居るんですね。

上級者向けの本は上記の本がkindleでゼロ円と出てました。

細かい形状の作り込みとかだと必要かもしれないけど、個人的にWindowsのソフトでプロットを楽しんでたいので、ギア製作に困ったときに、お世話になるかもしれません。

こんなプロットが分かりやすすぎですね。

図面を書く主に、2D製図と色分けによって、3Dプリンタのの得意とする積層面の形成を再現する。

ピッチの粗さとかも個性にしてしまうような。

しばらく、こちらでプロットを試してみるかもしれない。

SANTA-no-Mix

ギターシンセ/ラズパイ/Arduino!

0コメント

  • 1000 / 1000